Airペイ(エアペイ)QRでPayPayを利用するには別途申し込みが必要!申し込み方法とメリット・デメリットについて解説

お店のキャッシュレス導入Airペイ,PayPay

リクルートが提供する『Airペイ(エアペイ)』の姉妹サービスである『Airペイ(エアペイ)QR』。

QR決済に対応したかったので、『Airペイ(エアペイ)QR』の申し込みを行おうとしたのですが、申し込み画面を進んでも『PayPay(ペイペイ)』の選択項目がありませんでした。

「あれ?Airペイ(エアペイ)QRってPayPay(ペイペイ)の取り扱い中止になったのかな?」と思ったので公式サイトの案内を確認。

Airペイ(エアペイ)』の対応決済方法での案内にはしっかり『PayPay(ペイペイ)』表記がありました。

対応しているようだけど、申し込み手順がわからない。。。

ということで『Airペイ(エアペイ)』のサポートセンターへ問い合わせみました。

この記事でわかること

  • Airペイ(エアペイ)QRでPayPay(ペイペイ)を利用するための申し込み方法
  • Airペイ(エアペイ)QRでPayPay(ペイペイ)を利用するメリットとデメリット

Airペイ(エアペイ)サポートからのPayPay(ペイペイ)申込みについての回答

Airペイ(エアペイ)』のサポートセンターで電話で確認したところ、「Airペイ(エアペイ)QRでのPayPay(ペイペイ)利用は可能」とのことです。

Airペイ(エアペイ)QR』の申し込み画面での項目表示の変更対応が出来ていないとのことです。

メールの回答が遅かったので電話したのですが、以下のような返信も来てました。

「PayPay」の追加のお申込につきまして、
すでにAirペイ及びAirペイQRをご利用いただいている加盟店様は、下記お問合せフォームより
お問い合わせ内容に「PayPay追加希望」と記載のうえ、必要項目をご入力いただきお申込みください。
2020年6月追記

2020年6月現在、申込フォーム上での項目表示の変更は完了しておりました。当記事では、2020年6月現在でのAirペイ(エアペイ)QRでPayPayを利用する方法について解説していきます。

Airペイ(エアペイ)QRでのPayPay(ペイペイ)申し込み手順

Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』を利用するには、Airペイ(エアペイ)QR』の審査完了後、管理画面上の問い合わせフォームから『PayPay(ペイペイ)』追加依頼を出すと申込手続きを進めてもらえます。

※2020年6月現在、PayPay(ペイペイ)の選択項目が追加されてました。

ややこしいので、状況に応じてまとめると以下の通りです。

【全4パターン】AirペイQRでのPayPay申し込み手順
それぞれのパターン別で解説していきます。

【パターン①】Airペイ(エアペイ)とAirペイ(エアペイ)QRを同時申込する場合

Airペイ(エアペイ)と『Airペイ(エアペイ)QR』はともにリクルートが提供するサービスですが、それぞれ別のサービスです。

両方申し込む場合、『Airペイ(エアペイ)公式サイト』からまとめて申し込みが可能です。


Airペイ(エアペイ)公式サイト

同時申し込みの場合は、『PayPay(ペイペイ)』の選択項目が表示されるので、チェックを付けて申し込みを進めれば審査に進みます。

ちなみに、『Airペイ(エアペイ)』のもう一つの姉妹サービスである「Airペイ(エアペイ)ポイント」は、「Tポイント」「PONTAポイント」「WAONポイント」利用に対応できるサービスです。

こちらも案内を希望すれば、『Airペイ(エアペイ)』申し込みに併せて導入を進めることが出来ます。

今ならiPad&カードリーダーが無料!

【パターン②】Airペイ(エアペイ)を既に利用している場合

既に『Airペイ(エアペイ)』を利用している場合は、『Airペイ(エアペイ)QR』を管理画面から申込みを行います

管理画面トップのバナー、もしくは下部のお店に役立つサービス紹介をクリックすると申込むことが出来ます。

既に『Airペイ(エアペイ)』を利用している場合は、登録情報に変更がなければ、書類等の提出不要なので申し込みは簡単です。

PayPay(ペイペイ)を利用したい場合は、申し込みフォームでのチェックを忘れないようにしましょう。

【パターン③】Airペイ(エアペイ)QRのみ申し込みする場合

Airペイ(エアペイ)QR』のみ申し込みをする場合には、「Airペイ(エアペイ)QR公式サイト」から申し込みを行います。

PayPay(ペイペイ)』を利用したい場合は、「パターン②」同様、申込フォームでのチェックを忘れないようにしましょう。

Airペイ(エアペイ)QRのみ申し込みをする場合、現在実施しているキャッシュレス導入0円キャンペーン 」の対象外となります。

キャッシュレス導入0円キャンペーン では、「iPad」と「カードリーダー」を無料でもらえるため、カード決済、電子マネー決済にも対応したい場合はもちろん、iOS端末を持たないお店はAirペイ(エアペイ)との同時申込をおすすめします。

今ならiPad&カードリーダーが無料!

【パターン④】Airペイ(エアペイ)QRを既に利用していてPayPayを追加する場合

既に『Airペイ(エアペイ)QR』を利用している場合、Airペイ(エアペイ)QRの管理画面から追加申請を行います。

①追加申し込みは管理画面上の「決済サービス追加」から行います。
②画面上に追加可能な決済サービスが表示されるので、追加したいサービスを選択します。
③ページ下部の「上記に同意して申し込み」をクリック
④「お申し込みを受け付けました」と表示されたら完了です。

追加申請をしてから1か月程度で「PayPay」が利用できるようになります。

追加完了の連絡は『Airペイ(エアペイ)QR』に登録してあるメールアドレス届きます。

Airペイ(エアペイ)QRでPayPay(ペイペイ)を利用するメリットとデメリット

メリット
  • 全50種のキャッシュレス決済を一つのIDで管理できる
デメリット
  • 決済手数料3.24%が掛かる

それではメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

【メリット】全50種のキャッシュレス決済を一つのIDで管理できる

『Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』を利用するメリットは、QRコード決済を含む、全50種のキャッシュレス決済を一元管理出来ることです。

Airペイ(エアペイ)で一元管理できる決済方法
カード決済
VISA
決済手数料3.24%
Mastercard®
決済手数料3.24%
AMEX
決済手数料3.24%
JCB
決済手数料3.74%
DinersClub
決済手数料3.74%
Discover
決済手数料3.74%
銀聯
決済手数料3.74%
電子マネー決済
iD
決済手数料3.74%
QUICPay
決済手数料3.74%
suica
決済手数料3.24%
PASMO
決済手数料3.24%
Kitaca
決済手数料3.24%
tolCa
決済手数料3.24%
manaca
決済手数料3.24%
ICOCA
決済手数料3.24%
SUGOCA
決済手数料3.24%
nimoca
決済手数料3.24%
はやかけん
決済手数料3.24%
ApplePay
決済手数料3.24~3.74%
QRコード決済
楽天PAY
決済手数料3.24%
PayPay
決済手数料3.24%
d払い
決済手数料3.24%
auPAY
決済手数料3.24%
メルペイ
決済手数料3.24%
ファミペイ
決済手数料3.24%
ANA PAY
決済手数料3.24%
EPOS PAY
決済手数料3.24%
J-Coin Pay
決済手数料3.24%
ゆうちょペイ
決済手数料3.24%
銀行ペイ
決済手数料3.24%
Payどん
決済手数料3.24%
atone
決済手数料3.24%
pring
決済手数料3.24%
ギフティプレモPlus
決済手数料3.24%
COIN+
決済手数料1.08%
ララPay
決済手数料3.24%
Lu Vit Pay
決済手数料3.24%
ALIPAY
(中国)
決済手数料3.24%
ALIPAY HK
(香港)
決済手数料3.24%
WeChat Pay
(中国)
決済手数料3.24%
kakaopay
(韓国)
決済手数料3.24%
Union QR
(中国)
決済手数料3.24%
touch'n go
(マレーシア)
決済手数料3.24%
ezlink
(シンガポール)
決済手数料3.24%
Gcash
(フィリピン)
決済手数料3.24%
K PLUS
(タイ)
決済手数料3.24%

Airペイ(エアペイ)』と『Airペイ(エアペイ)QR』を併用することで、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済、全てキャッシュレス決済を一つID(AirID)で管理することが出来ます。

ただし、「Airペイ(エアペイ)」と『Airペイ(エアペイ)QR』は管理画面・アプリは分かれているため、売上情報はそれぞれの管理画面から確認する必要があります。

【デメリット】決済手数料3.24%が掛かる

『Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』の決済を行う場合、決済手数料3.24%が掛かります。

一方、『PayPay(ペイペイ)』は公式サイトから直接契約した場合、決済手数料1.60~1.98%と低い料率で導入することが可能です。

例えば、1か月の『PayPay(ペイペイ)』決済額が100万円の場合、『Airペイ(エアペイ)QR』では32,400円の決済手数料がかかるのに対して、『直接契約』では16,000~19,800円1万円以上差額が生まれます。

ちなみに、『PayPay(ペイペイ)』と直接契約した場合の決済手数料は、

・月額プラン(月額1980円)に加入した場合は1.60%、
・未加入の場合は1.98%

が適用されます。

Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』を一元管理するかどうかは、「業務効率化」と「経費削減」のどちらを優先するか、お店に合わせた選択をすると良いでしょう。

僕の知人のお店では、『Airペイ(エアペイ)』と『AirペイQR』を併用、PayPay(ペイペイ)』のみ「直接契約」して使っている方が多いです。

他サービスでPayPayの審査が通っていてもAirペイで利用する際には再度審査が必要

PayPay公式サイトから直接契約している場合など、他サービスで『PayPay(ペイペイ)』を既に導入しているお店でも『Airペイ(エアペイ)QR』で利用するには再度申込・審査が必要です。

例えば、『Airペイ(エアペイ)』でVISAの審査が通っている場合でも、『 楽天ペイ 』を申込んだら再度VISAの審査が必要なのと同じです。

ただし、他サービスで『PayPay(ペイペイ)』を既に導入していることが審査に影響することはありません。

『Airペイ(エアペイ)QR』経由での『PayPay(ペイペイ)』の審査に掛かる期間は以下の記事をご覧ください。

まとめ

Airペイ(エアペイ)QRでPayPayを利用する方法のまとめ

  • Airペイ(エアペイ)QRでPayPay(ペイペイ)を利用するには審査後に別途申込が必要
  • メリットは一つのIDで全50種もの決済方法を管理できること
  • デメリットは余計な決済手数料が掛かる

Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』を利用する方法について解説してみました。

全ての決済を一つのIDで管理できるのは便利ではありますが、決済手数料が掛かってしまうのはかなり微妙ですね。

個人的には、PayPay(ペイペイ)』は公式サイトから直接契約し、『Airペイ(エアペイ)QR』と決済ブランドによって使い分ける形がおすすめです。

併用する場合は、間違って『Airペイ(エアペイ)QR』で『PayPay(ペイペイ)』を決済しないよう、『Airペイ(エアペイ)QR』では『PayPay(ペイペイ)』をあえて申し込まないというのも一つの手ですね。

現在、『Airペイ(エアペイ)では「iPad」と「カードリーダー」を無料提供する「キャッシュレス導入0円キャンペーン 」を実施しているため、お得なこの機会にキャッシュレス導入することをおすすめします。

決済サービスごとのメリットを上手くいかして、お得にキャッシュレス化を進めましょう!